サバイバル知識

サバイバル知識 石のナイフを作ってみよう

投稿日:2016年3月31日 更新日:

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 石のナイフを作ってみようです。

もしあなたがサバイバルをしないといけない現状で、何も道具が無かったらどうしましょうか?

普通に考えたら生きていけないですよね?

でも道具は作り出せるんです。

そこで今回は一番簡単な石のナイフ作りを解説していきます。

スポンサーリンク

材料集めをしよう

さて石のナイフと言っても、石であれば何でも良い訳ではないです。

柔らかな石であれば加工はしやすいですが、ナイフとしては役に立ちません。

かといって固すぎれば加工が難しく、製作時間が掛かりすぎます。

どういった石が良いかというと、固いけど割れやすい石がナイフに向いています。

見つけ方は拾った石同士をぶつけ、亀裂が入る石が材料にしやすいです。

20160330_043232020_iOS

何個かの石を試した結果綺麗に亀裂が入る石が見つかりました。

この破片をナイフに加工していきます。

小さいですが薄く鋭くなっているので後は綺麗に研磨するだけでナイフに出来ます。

20160330_043242292_iOS

 

ひたすら研磨する

包丁を研ぐ要領で石を研磨していきます。

といっても研ぎ石なんて便利な物は無いので、出来るだけ平らな大きい石を使い研磨していきます。

水をかけて出てきた欠片を洗い流します。

しばらく研磨していると刃のように薄くなっていきます。

20160330_051432254_iOS

 

スポンサーリンク

実際に使ってみる

ナイフ状になっているとはいえ石は石です。

柔らかい植物などはこれで切断が可能なので、素材集めに使えます。

食材を切ったり木を削るで程度までであれば利用可能です。

ただ石のナイフなので刃がかけやすいので、叩き切るような事をすると刃こぼれにより使えなくなってしまいます。

 

まとめ

石のナイフ作りはそんなに難しくはないのですが、素材となる石を探す方が大変です。

今回河原に落ちている石を使用しましたが、いくつか石同士をぶつけて探し出しました。

探索は30分程、加工は1時間ほどでの作成なので一度試しに作ってみてはいかがでしょうか?

石以外にも、加工がしやすい素材があります。

ビール瓶等にも使われているガラスは、非常に加工がしやすく割れた破片は鋭利です。

こちらは研磨しなくても十分にナイフとしての機能を備えていますので見つけた際には利用して下さい。

ただ自分で石のナイフを作ってみると、鉄製のナイフがいかに素晴らしいものかが良く分かります。

刃こぼれは少なく、木の枝も切断が出来る。

もし何も道具が無い場合は自作するのも一つの手ですし、探し出すのも一つの手です。

人が住んでいた形跡が有るような場所であれば、一度探索してみましょう。

包丁やナタや鎌など、鉄製の刃物が見つかるかもしれません。

生活知識ブログではサイト訪問者様へpolcaにてご支援をお願いしております。

スポンサーリンク


VERTEX 20徳ツールナイフケース付



-サバイバル知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サバイバル知識 食料調達 海魚編

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 食料調達 海魚編です。 海での食料調達は非常に容易で、貝や魚と言った蛋白源の入手に事欠きません。 貝は既に紹介していますので、今回は食料として入手しやすい魚を紹 …

no image

自宅でのシティサバイバル

今回のサバイバル知識は、自宅でのシティサバイバルです。 大規模災害時の主な行動は、迅速な避難とも言えるのではないでしょうか。 自分の住んでいる地域の緊急避難先をしっかりと把握し、慌てず非難をして警察や …

サバイバル知識 何故TVのサバイバル番組は無人島が多いのか?

今回のサバイバル知識は何故TVのサバイバル番組は無人島が多いのか?です。 Tvのサバイバル番組って結構思路白いですよね。 芸能人たちが、慣れないサバイバル生活を送り凄く苦労しているのって。 ついつい応 …

サバイバル知識 テントの選び方

今回のサバイバル知識は、テントの選び方です。 ソロキャンプやサバイバル時で宿泊する時の道具はテントですよね? そのテントはどういったものが良いのでしょうか。 さまざま商品が販売されている中、使い勝手を …

サバイバル知識 ナイフの選択

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 ナイフの選択です。 サバイバルやキャンプ時にナイフは必需品です。 愛用のナイフ一本という選択肢も良いですが、ナイフの特性を生かし状況に応じて選択するのも良いでし …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー