サバイバル知識

最先端のサバイバルグッズ

投稿日:2016年11月19日 更新日:

今回のサバイバル知識は、最先端のサバイバルグッズです。

昨今のサバイバルグッズの高性能っぷりは凄まじいほど進化しています。

小サイズで多機能な物から、電源が無くても使えるものまで多くのグッズが開発されています。

物によっては、いざという時の為にも常備した方が良いものも有ります。

自然災害の多い日本に住んでいるのであれば、是非検討してみても良いのでは?

スポンサーリンク

サバイバルブレスレッド

火打石、ホイッスル、パラコード(ロープ)、スクレーパー、コンパスの5つが組み合わさった商品です。

値段も1000円前後で非常に手頃なのもうりですですが、何といっても手首に巻ける位小さいのが良いですね。

これだけ小さければ、登山などの荷物制限がキツイ場面でも大丈夫です。

火打石とスクレーパーは着火に利用出来ます。

コンパスは方角の確認用で。

ホイッスルはケガをした時に自分の場所を知らせたり野生動物への警戒に利用可能。

パラコード(ロープ)は資材をまとめたりと利用が可能です。

パラコードは一度使ってしまったら、別商品のパラコードを巻直せば再度利用する事も可能なようです。

*画像はAmazonにリンクしております。

 

Phoenix LED

昔からマルチツールは有りますが、これの良いのはLEDライトとペンチが付いてるところです。

他の商品にはまだ搭載されていないものが多いので、利便性が高いとですね。

ただし、電池を使うので定期的なチェックとメンテナンスをしないといけないのが辛いところ。

ナイフ、ノコギリ、ドライバー(+・-)、栓抜き、ペンチ、LEDライトが利用可能です。

金額は1000円前後となかなかリーズナブル。

*画像はAmazonにリンクしております。

スポンサーリンク

LuminAID(ルミンエイド)

ソーラーパネルで充電するLEDライトです。

普段はポケットに入るくらいの大きさで、使う時には空気で膨らませて光を拡散させる商品です。

電源が太陽光のみで充電できるのは利便性も高く、電池交換などの手間もいりませんね。

夜テント内を明るくしたり、夜間作業の照明に使うのに良いです。

ただペンライト等と違い遠くまで光が届かないので、利用シーンによって使い分けるのが良いでしょう。

値段は4000円程となっています。

*画像はAmazonにリンクしております。

 

タクティカルペン

タクティカルペンは護身用に作られた、多機能ペンです。

ペンとしての機能だけでなく、LEDライトとガラスを砕く機能を兼ね備えています。

中には小さなナイフも入っていますので、更に使用できる範囲が広がりますね。

サバイバルグッズとしては普段の利用も可能なグッズです。

*画像はAmazonにリンクしております。

 

最新のサバイバルグッズは、色々な機能を小さくまとめて一つのツールとして利用出来る物が多いです。

しかし残念ながら、耐久性は多少低くなっていることが多いです。

メインのツールは別に持ち、サブツールとして使うのが良いでしょう。
スポンサーリンク

-サバイバル知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サバイバル知識 いつでも使える?サバイバル習慣

今回のサバイバル知識は、いつでも使える?サバイバル習慣です。 緊急事態の時にフルに活用すべきサバイバル知識。 でも意外と普段の生活にも応用が出来ます。 特に食料については覚えておくと便利で、食費を浮か …

サバイバル知識 軍隊がやっているサバイバル

今回のサバイバル知識は、軍隊がやっているサバイバルです。 兵隊は常にサバイバル訓練 当たり前でもありますが、兵士の訓練は常にサバイバル訓練のようなものです。 毎日の体力作りから、寝食共にサバイバルを意 …

no image

自宅でのシティサバイバル

今回のサバイバル知識は、自宅でのシティサバイバルです。 大規模災害時の主な行動は、迅速な避難とも言えるのではないでしょうか。 自分の住んでいる地域の緊急避難先をしっかりと把握し、慌てず非難をして警察や …

サバイバル知識 エサを捕獲しよう

今回のサバイバル知識は、エサを捕獲しようです。 食料の確保を行う時に「魚」を食材にするのは多いと思います。 釣りでも罠でもどちらでも捕獲は可能ですが一番大切なのはエサですよね。 何がエサになって、どう …

サバイバル知識 危険水生生物(有毒)

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 危険水生生物です。 サバイバル時において比較的食糧を入手しやすい海辺。 実は海辺でも危険な生物や、毒性を持つために食料に適さない生物が多くいます。 ここでいくつ …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー