雑学

少年漫画誌における人生の分岐点

投稿日:

ども!にしきよです。

タイトルは難しそうですが、結局何が言いたいかって私がガンオタになったのは選んだ少年漫画雑誌が悪いのか、そもそも私にその要素があったかってお話。

皆さんは知っていますか?

「コミックボンボン」と「コロコロコミック」

すでにボンボンは廃刊になってしまいましたが、コロコロは今だに現役ですね。

実は私の家庭では自分がボンボン派で、弟がコロコロ派でした。

まぁ結局どっちもあったので、どっちも読んでたんですが私と弟では少し趣味趣向が違っていましたね。

 

・一応どちらも少年誌と言えば的な選択肢だった。

ボンボンはガンダムを始めロボットものが多かったように思います。

ちょうど私が読んでいた時代は、メダロットやロボコン、サイボーグクロちゃんが人気どころだったかな。

それに比べてコロコロは爆走兄弟レッツ&ゴーや、超速スピナーなんかが人気だったはずです。

ちなみにポケモンの火付け役になったのは確かコロコロだった気がします。

メダロットやロボコンはゲームソフトと一緒の企画でやっていたので、多くの子供は漫画を読みながらゲームをしていたんじゃないでしょうか?

あと当時はボンボンでガンダム漫画をやっていたのでプラモデルなんかにも興味を持っていた時期ですね。

もうそろそろお気づきでしょうが、ボンボンが提案しているゲームやおもちゃは基本的に一人でも楽しめるものばかりでした。

そしてコロコロで流行らせたミニ四駆やヨーヨーは一人でやっても全く面白くも何ともないものだったんです。

結果的にコロコロコミックを読んでハマった方の多くがおもちゃをクラスメイトで持ちよって遊んだはずです。

コロコロが主催する大会に出場するのが、夏の思い出の人も多いのではないでしょうか?

つまりはボンボンは一人でも楽しめる遊びを提供し、コロコロは仲間と遊ぶ事を子供に提供していたんです。

って事に今気づいたんですよね。

スポンサーリンク

・ボッチの出来上がりじゃぁ〜!

ってな訳で弟には多くの友人がいて、今でも地元の友人と交流があるようです。

そして私は完全なるボッチになりました。

さぁこれはボンボンが悪いんでしょうか、それとも私がそもそも「その道」に興味があったのでしょうか?

ここは想像でしかないんですが、おそらくボンボンに興味を持った私自身に原因があったと思います。

小学校に入学してから引越しをする事になりましたので、その部分が影響していたはず。

まぁそれが良いか悪いかではなく、子供の時に何を「楽しみ」何に「興味を持つか」で人間関係って変わるんだなって思えるように最近なってきました。

でもねそれが幸せなのか不幸なのかとは別の問題な気がします。

まぁ結婚式とかで友人が0だったらマジ泣けるんでしょうけど、私には結婚する相手がそもそも居ません(白目)

もしこの記事を見ている方で子供が何を欲しがっているかは気にして居た方が良いかもしれません。

一人で遊ぶおもちゃやゲームに興味があったら人生におけるボッチ率が上がりますし、多くの友人と楽しめる物であればリア充率は上がると思います。

スポンサーリンク




 

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男がAVで性を学ぶのが許せいないってどういう事なんやろ?

ども!にしきよです。 ここ最近男がAVで性教育を学ぶ事が許せないって話をTwitterのタイムラインで見かけるんですよ。 いやそもそも私は小学校5年生で習ったんですよね(現在32歳) その時に父と母が …

世の中だいたいの人がクズなんですわ

ども!にしきよです。 いや〜題名からしてなんか怒られちゃいそうな記事ですね。 少なくとも自分自身はクズだと思ってます。 んでもねクズだからダメって訳じゃないんですよ。 だからこそ世の中って回ってるんだ …

宗教で食文化って結構変わる

ども!にしきよです。 皆さん何か宗教を信仰していますか? ちなみに私は浄土真宗西本願寺らしいです。 まぁらしいって言ってもただ檀家がそうなだけで、お経なんて読めません。 ってな訳で今日は宗教についてお …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー