サバイバル知識

サバイバル知識 道具編 (キャンプ道具)

投稿日:2015年3月16日 更新日:

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識道具編です。

緊急時に一時的に必要なものとしては、水や長期保存の可能な食糧です。

何らかの理由でもし長期間救援が来ない場合や、孤立無援の状況になった際に必要な物が別にあります。

それは、道具です。

食料を手に入れたり水を確保するにしても、素手や自然にある物だけでは限界が有ります。

有事に備えて揃えておくとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

・ナイフ

これが有るか無いかで生き残れるかどうかが決まる、といっても過言ではないでしょう。

食料を手に入れる時や道具や罠を作る時、様々な状況で役に立ちます。

サバイバルナイフ等の大型のナイフと小型のナイフをサブとして持っておくと更に便利よく使えます。

日本では銃刀法という法律が有りますので、普段は持ち歩けませんが、いざという時の為に持っていた方が良いです。

キャンプや釣りなどの正当な理由が有れば携帯が可能ですが、一般的に販売されている十徳ナイフや魚を捌ける程度のナイフの方が良いでしょう。

細かくはサバイバル知識 ナイフの選択にて解説をしています。

 

・マッチ(点火が容易な物)

火は非常に重要です。

生では食せないものや、消毒殺菌にも利用可能です。

暖を取るにも欠かせないです。

ライターやマッチなどの火を起こせるものは用意すべきです。

原始的な道具で火を起こそうとすれば、丸一日かかっても付きません。

マッチやメタルマッチ(ナイフとこすり合わせて火花を起こせます。)ライターを用意すべきです。

 

※上記の2点は最低限必要なサバイバルグッズです。

家に常備しておけば何かと役に立ちます、キャンプやアウトドアの際には必需品です。

・布(タオル等)

こちらも非常に役立ちます。

ボロ雑巾などでも構わないのですが、色んなものに使えるんです。

罠や水のろ過器、ケガの手当て、帽子代わりにもなります。

特にケガをした際には包帯代わりにも、骨折時には折れた骨を支える事が出来ます。

 

・ナタ(マチェット)

小型のもので十分ですが、頑丈なものがが良いでしょう。

これが有るとツタを初めとする資材を集めるのに重宝します。

山や林等を移動の際には、邪魔な植物を除去できます。

小型のナイフだと非常に体力を使いますが、ナタだったら振り下ろすだけなので楽です。

 

・手斧

薪を用意しする時に非常に便利です。

倒木を切り分けたり、長い枝を切り分けたりとナイフでは出来ない事を楽にこなしてくれます。

ただ他の道具からすると多少重いでしょう。

 

・シングルバーナー

調理をする際に便利なのが、シングルバーナーです。

たき火をするのも勿論良いのですが、薪の用意等に時間が掛かってしまいます。

特にキャンプ等の短期間や、サバイバル時の初期段階では重宝するでしょう。

便利なのがマッチ等の火種の必要ない着火スイッチ付きの物が良いでしょう。

更に言えばコンパクトに折り畳み出来るものが利便性が良いです。

 

・万能スコップ

大型のものでなくても構いません。

出来れば多機能で、歯がノコギリ状になっていたりする多機能な物をお勧めします。

サバイバルをする上で出来るだけ荷物を少なくする為にも多機能だと良いです。

 

・鍋(はんごう)

これも調理時に利用します。

サバイバルキャンプをする際に多い調理法が、茹で料理でしょう。

ですので底が深く、取っ手が動きコンパクトに出来るものをお勧めします。

スポンサーリンク

・シュラフ(寝袋)


就寝時物凄く重宝するのがシュラフです。

もしもシュラフが無い状態で寝てしまうと、体の一部に力が集中しコリに繋がるでしょう。

更に就寝時の気温が急激に下がる、アウトドア時には必須な道具と言えるのではないでしょうか?

出来るだけ軽量で断熱素材を選び持ち運びましょう。

シュラフの選び方はこちら⇒シュラフ(寝袋)の選び方

 

・テント


宿泊する時にはテントが有ると無いとでは大違いです。

風や雨から身を守り、快適に夜を過ごす事が出来るでしょう。

特に山中や森の中では時間によって寒暖の差が激しくなるので、寝泊りを前提とする場合は、用意するようにしましょう。

徒歩での移動が多い、サバイバル時には2本ポールドーム型のテントが最適です。

テントの選び方はこちら⇒テントの選び方

 

・ザック


多くの荷物を持ち運ぶときに便利な道具です。

通常のリュックサックよりも、登山用に作られているザックの方がオススメ。

理由は防水機能と疲労しにく設計の為。

持ち運ぶ道具の量でサイズを変更しましょう。

ザックの選び方はこちら⇒ザックを用意しよう

 

・レインウェア


雨から体を守ってくれる衣類です。

他にもカッパやポンチョといった雨具は存在していますが、レインウェアは高性能。

なんと雨天時のみならず通常時も利用可能。

理由は雨を通さない機能と、汗の蒸発を妨げない二つの機能で体の体温を一定に保ってくれるんです。

その他にも風も通しにくいのでウインドブレーカーとしの機能も。

ただしカッパやポンチョよりも高額ですので予算に余裕のある方は是非入手しておきましょう。

レインウェアの選び方はこちら⇒レインウェアを用意しよう

 

・裁縫セット

意外に思うかもしれないが、裁縫セットは非常に便利です。

大きな傷を縫う、出血を止める為にも傷口を縫う事はとても重要です。

針は変形させると釣り針にもなります。

服や、テント等の補修にも利用可能です。

 

・ロープ

燃料になる薪を集める時や、道具を束ねる時に利用可能。

更には高低差が有る場所に移動する際にも利用可能です。

もし手持ちで無かった時には植物のツタが利用できます。

 

・登山靴(トレッキングシューズ)

サバイバルやキャンプを行う場所は山が多いはずです。

スニーカー等の靴底が浅い靴を利用すると足が痛くなりやすいのです。

登山靴やトレッキングシューズを用意すると良いでしょう。

 

・ライト

出来ればヘッドライトが良いですね。

手持ち用のライトだと作業中の手元を明るく出来ません。

ただ夜の行動はケガや野生動物との遭遇する可能性も有り、必要最低限にしておきましょう。

 

・ランタン

夜に長時間明かりが必要な場合には、ランタンが有ると無いとでは大きく違います。

ただランタンの種類にはいくつかあり、どれを選ぶかはスキルや利用環境で使い分けた方が良いでしょう。

詳しくはサバイバル知識 道具編 ランタンにて解説しています。

 

・クッカー

形にもよりますが、焼く・煮るの二つの調理法に利用が出来ます。

更にはそのまま食器にもなる、サバイバルやソロキャンプには必須ともいえるクッキンググッズです。

ほとんどの商品が、取っ手の部分が折り畳むことが出来るので持ち運びはコンパクトに出来るのが特徴。

作れれている素材によって特徴があり、用途によって使い分けるのが良いでしょう。

 

・ペットボトル

意外かもしれませんが、非常に便利です。

飲み水の携帯、野草の保管、魚取り用の罠、様々なシーンで活用できます。

家や車に水のペットボトルを常備しておけば、飲料水としての利用が終わっても使う事が出来ます。

 

・ソーラーパネル

意外かもしれないですが、小型のソーラーパネルは非常に便利が良いです。

懐中電灯、ラジオ、携帯電話(スマホ)etc

身の回りに有るものや利便性の良いものに共通しているのが電力です。

電池と電気さえ確保できれば、道に迷ったとしても、災害に有ったとしても生き残る可能性が高くなります。

情報を手に入れる事が出来るし、他者と連絡を取れます。

 

 

・キャンティーン

キャンティーン

軍用の水筒+小型薪ストーブが一体になった道具です。

普段は水筒として使い、ちょっとした燃やせる枝などを使えば簡易的なストーブとして利用が出来ます。

アウトドアで水筒は必需品ですが、こういった機能性重視の物が有れば緊急時などに役立ちます。

 

現在にしきよはサバイバル旅を検討中➡︎サバイバル自転車旅(仮)をやってみたい。

生活知識ブログではサイト訪問者様へpolcaにてご支援をお願いしております。

スポンサーリンク


いざと言う時に役立つ 便利 な 緊急 サバイバル ツール セット 【マイホット】



↓SNS等で共有して頂ければ励みになります↓

-サバイバル知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サバイバル知識 ソロキャンプに持っていきたい美味い缶詰

今回のサバイバル知識は、ソロキャンプに持っていきたい美味い缶詰です。 ソロキャンプの醍醐味は自然の中での美味しい食事ではないでしょうか? いつも食べてる食事が何故か外で食べると格別に感じるでしょう。 …

サバイバル知識 食料調達 昆虫編

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 食材調達 昆虫編です。 さあ、食材集めもとうとう昆虫にまで手を出す事になります。 出来るだけ簡単に入手できるものを取り上げていくのですが、今回はバッタを取り扱い …

サバイバル知識 食料調達 野草編 (秋)その2

今回の生活知識ブログは、サバイバル知識 章句量調達 野草編(秋)その2です。 前回に引き続き、秋の野草を紹介していきます。 スポンサーリンク イチョウ(銀杏) 全国に自生もしくは街路樹として植えられて …

サバイバル知識 何故TVのサバイバル番組は無人島が多いのか?

今回のサバイバル知識は何故TVのサバイバル番組は無人島が多いのか?です。 Tvのサバイバル番組って結構思路白いですよね。 芸能人たちが、慣れないサバイバル生活を送り凄く苦労しているのって。 ついつい応 …

ライトなアウトドア 外でカップ麺を食べよう

カップ麺って美味しいですよね? そんなカップ麺を外で食べたらもっと美味しいはず。 せっかくやるなら良い景色の場所で、自分でお湯を沸かして食べてみましょう。 今日はかなりライトだけどアウトドアなカップ麺 …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー