インターネット知識 携帯電話知識 MVNO SIM知識

SIM知識 mineo(ドコモ)料金プラン

投稿日:2015年8月19日 更新日:

今回の生活知識ブログは、SIM知識 mineo(Dプラン)編です。

以前紹介したmineoではauのSIMカードを利用したプランでしたが、2015年9月1日より、ドコモのSIMカードを利用した、Dプランが運用されます。

auのSIMカードを利用できる数少ないキャリアでしたが、iPhoneの利用が出来ないという欠点も有りました。

同じ会社で2つのSIMカードを利用出来る会社は無いので、複数枚利用時等には便利が良いです。

当然ながらドコモのIphone利用も問題無いですし、SIMフリーIphone利用も可能です。

スポンサーリンク

・発行事務手数料

3,000円

・データ契約利用料金

500MB 700円

1GB 800円

3GB 900円

5GB 1,580円

050IP電話アプリ(LaLa Call)が月額基本料無料

*利用速度が 上り最大225Mbps/下り最大50Mbps
(Aプラン 上り最大150Mbps/下り最大25Mbps)

*容量を超えた場合200Kbpsとなります。

*メールアドレスが標準搭載、****@mineo.jpが1契約にひとつ付いてきます。

・SMS機能
120円(音声プラン無料 Aプラン無料)

・音声プラン(090)
データ契約に追加費用700円で利用可能(Aプランは610円)

30秒/20円

・パケットシェア

同住所同一名義であれば利用可能

ただし同一名義でのSIM発行限度枚数が5枚までなので、シェアも最大5枚が限度となります。

・パケットチャージ

100MBにつき150円

・オプション

メールウイルスチェック 200円

セキュリティソフト 270円

三者通話サービス 300円

迷惑電話撃退サービス 100円

お留守番電話サービスEX 300円

着信転送サービス 無料

番号リクエストサービス 無料

ボイスメール 無料

MNP転出手数料 2,000円
*ただし最低利用期間12ヶ月以内の場合11,500円

解約金

発生しません。

 

まとめ

料金プランとしては可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

もともとドコモのSIMカードが必要であれば、そもそも沢山の会社が有るのでとくにmineoを選ぶ必要が無いです。

mineoの魅力はau simとdocomo simどちらでもパケットシェアの利用が可能!

更にはsimカードの変更が可能な所が良い点です。

端末の選択肢が増えるだけではなく、利用環境によってドコモ・auどちらの電波が強いかが変わる為、柔軟な対応が可能です。

 

 

スポンサーリンク

-インターネット知識, 携帯電話知識, MVNO SIM知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

インターネット知識 WiMAX 利用料金編

今回の生活知識ブログは、インターネット知識WiMAX編です。 モバイルーターの中でも無制限での使用が可能なWiMAX。 様々な利用シーンで有効なサービスを展開しています。 WiMAXの特徴を記載してい …

携帯電話知識 au編その2

今回の生活知識は、携帯電話知識au編その2です。 前回は通話し放題プランの解説をしました。 今回は、インターネット通信料7Gのいわゆる旧プランの解説をしていきます。 新プラン旧プラン共に、通話料金+イ …

インターネット知識 光コラボ編

今回の生活知識ブログは光コラボについてです。 NTT東西が2015年3月を目途にスタートをする光コラボですが、要約するとプロバイダー及び光回線契約を一つにまとめ販売するという物です。 なのでNTT東西 …

情弱さんいらっしゃい!これから始まる貧テック!

ども!にしきよです。 ここ最近情弱さんを狙った貧テックアプリが話題沸騰中ですね。 VALUにCASHそしてPayDay。 まぁVALUに関しては私自身やっているので肯定的です。 ちなみにVALUの記事 …

SIM知識 BIGLOBE 利用料金編

今回の生活知識ブログは、SIM知識BIGLOBE編です。 プロバイダーの中でも人気な会社でもあります。 MVNOのSIMを展開しておりますので、掲載していきます。 スポンサーリンク ・プラン 3GB  …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー