インターネット知識 携帯電話知識 MVNO SIM知識

SIM知識 スマホ低価格利用

投稿日:2015年9月16日 更新日:

今回の生活知識ブログは、SIM知識 スマホ低価格利用です。

以前より様々な会社のSIM料金を解説しましたが、一覧にしてまとめていきます。

スマホの利用前提なので、音声通話プラン有りで通信制限の低い順番に記載していきます。

ちなみに通常のドコモ料金は、電話し放題の2Gプランで6,500円です。

スポンサーリンク

0Gプラン (高速通信が出来ないが、超低価格で利用が可能)

1位 DMM mobile 1,140円

2位 WIRELESS GATE  1,204円

3位 楽天モバイル 1,250円

0Gとなると、200Kbpsの速度しか出ないので外出先での利用は、かなり厳しいでしょう。

子供用とか、室内利用がほとんどの場合利用価値が高まるでしょう。

 

1Gプラン

1位 DMM mobile         1,260円

2位 ビックローブ       1,400円(ビッグローブサービス利用中であれば200円引き)

3位 maineo Dプラン 1,500円

正直1Gプランでこれだけ安いのですから、0Gプランの魅力って・・・

注目すべきはビックローブでしょうか、既にプロバイダでビックローブ利用中であればDMMよりも安いです。

大手プロバイダでこの価格は安心出来ます。

 

3Gプラン

1位 DMM mobile    1,550円

2位 U-mobile       1,580円

3位 楽天モバイル     1,600円 (3.1G)

3位 mineo Dプラン     1,600円

3位 ビックSIM           1,600円

3位 IIJmio                      1,600円 (mio光利用中であれば150円引き)

3位 ビッグローブ          1,600円 (ビッグローブサービス利用中であれば200円引き)

3位 @nifty                      1,600円 (@niftyサービス利用中であれば200円引き)

4位 OCN                     1,800円 (OCNサービス利用中であれば200円引き)

5位 So-Net                    1,890円 (So-Netサービス利用中であれば200円引き)

ここからは大手プロバイダーも多くプランを出しています。

1番安いDMMと比べてもさほど金額は変わらないです。

むしろビックローブとIIJは既に他サービス利用中であれば、1,400円と段違いに安くなります。

他にも店頭販売に力を入れているビックSIMが、比較的安く利用が可能です。

 

5Gプラン(ドコモ料金プラン、電話し放題プランで8,000円

1位 DMM mobile  1,970円

2位 U-mobile   1,980円

3位 楽天モバイル   2,150円

3位 OCN            2,150円 (OCNサービス利用中であれば200円引き)

4位 IIJmio            2,220円 (mio光利用中であれば150円引き)

4位 ビックSIM    2,220円

5位 mineo dプラン 2,280円

6位 @nifty            2,300円 (@niftyサービス利用中であれば200円引き)

もうドコモのプランが霞んで見えますね。

5Gプランであれば、家のインターネットを併用すれば特に問題無いでしょう。

以外にも大手プロバイダーの利用料金が非常に安いのが特徴でもあります。

 

6Gプラン

1位 ビッグローブ 2,150円 (ビッグローブサービス利用中であれば200円引き)

2位 so-net    2,380円 (So-Netサービス利用中であれば200円引き)

ビックローブは他社プロバイダーから比べても非常に安く料金設定をしています。

so-netも容量分の価格てしては他社と引けを取っていませんね。

 

7G~無制限(ドコモ料金プラン 8G電話し放題プランで 9700円

1位 OCN(15G)    2,500円 (500kbps制限)(OCNサービス利用中であれば200円引き)

2位 DMM mobile(7G)  2,560円 ~(20G)6,790円

3位 ぷらら(7G)     2,792円  (無制限3Mbps)3,736円

3位 U-mobile(無制限)    2,980円 

4位 ビックSIM(10G) 3,260円 

4位 IIJmio(10G)    3,260円 (mio光利用中であれば150円引き)

5位 ビックローブ(12G) 3,400円 (ビッグローブサービス利用中であれば200円引き)

6位 @nifty(10G)    3,500円 (@niftyサービス利用中であれば200円引き)

特出すべきはU-mobileの無制限プランが凄いです。

テザリング機能が有るスマホを使えばモバイルルーターいらずですね。

しかエリアもドコモ基準なので安心でしょう。

 

まとめ

上記のように容量と値段と書いていきましたが、5Gまでであれば余り会社ごとの料金が変わりません。

ですので、既に固定回線などの利用をしていれば、利用中のプロバイダSIMカードを追加した方が良いです。

理由としては、セット割りと支払先が同じで済むという事です。

契約会社が、何社も有ると管理が大変なので安ければどの会社でも!というのは余りオススメは出来ません。

スポンサーリンク

-インターネット知識, 携帯電話知識, MVNO SIM知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インターネット知識 J:com 利用料金編

今回の生活知識ブログは、インターネット知識J:com編です。 ケーブルテレビの代表格ともいえる、J:comですが、インターネット事業も行っています。 テレビ・電話・インターネットの3つを抑え、更にはa …

インターネット知識 やっぱり無難なOCN光(光コラボ)

今回の生活知識は、光コラボ・OCN光です。 プロバイダーってすごく多いですよね? そんな中「質」こだわるならばやっぱりOCN!! プロバイダの中でも安定した速度を誇り、他社の追随を許しません。 じゃあ …

SIM知識 DMMmobile 利用料金編

今回の生活知識ブログは、SIM知識DMMmobile編です。 MVNO SIMを提供する企業の中でもデータ使用容量をかなり細かく設定している事業者です。 本体の分割からセキュリティも兼ね備え、しかも安 …

SolaでSOLトークンを集める方法

ども!にしきよです。 Solaをやっているとエンドースされる毎にSOLトークンが増えますよね? 攻略法とまではいきませんが、私なりにやっている行動を書いていきます。 誰でもできる方法なので、SOLトー …

インターネット知識 ぷらら光(光コラボ)利用料金

今回の生活知識ブログは、インターネット知識 ぷらら光(光コラボ)です。 NTT系列のプロバイダーでもあり、TVサービスに力を入れている会社です。 ドコモ光でのプロバイダーとしても選択可能ですが、ぷらら …

アーカイブ

プロフィール

Twitter でフォロー